イベント

“自分がした方が早い”という呪縛から逃れるための「任せる技術」強化法講座

 下記のとおり『“自分がした方が早い”という呪縛から逃れるための「任せる技術」強化法講座』を開講いたします。
 部下を効果的に活用し、チームとしての生産性を高めるとともに、部下一人ひとりの育成をはかっていくのが、本来のリーダーの姿です。ところが仕事を部下に上手に任せられない上司が増えています。部下を頼りにせずに自分で仕事を抱え込んでしまったり、適切でない任せ方をして、いわゆる“やらされ感”をもったまま仕事をさせているケースは少なくありません。
 本講座では、このような背景を踏まえ、上司が部下に仕事をアサインする際、部下が“やりがい”を高めるような効果的な任せ方をするための技術を学びます。是非、社内教育ご活用下さい。
 受講希望の際は、6月15日(木)までに、神情協事務局宛に申し込みください。

日  時 6月19日(月) 9時30分〜17時30分
会  場 一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会 会議室
横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル7F TEL 045-316-2244
※横浜駅西口より徒歩7分程度
https://www.kia.or.jp/association/office.php
対 象 者 部下をもつ管理者、リーダークラス
目  的 仕事を任せるための環境づくりに始まり、部下がやりがいを感じられる任せ方のポイント、そしてそのためのコミニケーションスキル(任せる話法)を習得します。部下に役割を付与し仕事を任せることは、リーダーシップの基本中の基本です。日頃の自分の“仕事の任せ方”を振り返り、より効果的な任せ方を身につけていただくことを狙いとしています。
内  容 1.オリエンテーション
 ※マインドセッティング
2.任せるための環境づくり”巻き込み力”の研究
 1)“協力したくなるリーダーの共通項”は?
  ・ダイアログ
  ・チェックリストの作成&セルフチェック
3.任せられるリーダーが大きな成果を生み出す!
 1)なぜ任せられないのか
  ・“言い訳“の分析と理由の探求
 2)メンバーがやりがいを感じる任せ方
  ・任せ方の12ポイント
 3)受けとめやすく、そして動機づくアサイン・コミュニケーション
  (任せる話法)
  ・ロールプレイ&フィードバック
4.アクション設定
  ・設定と発表
5.研修全体を振り返る(講師からのフィードバック)
定  員 あと15名
受 講 料 神情協会員  23,000円/名(税込み)
健保加入企業 27,000円/名(税込み)
一般企業   29,500円/名(税込み)
※健保加入企業とは「神奈川県情報サービス産業健康保険組合」に加入されている企業です。
※後日、請求書を発送いたしますので、指定口座にお振込み下さい。
※申し込み後のキャンセルは、キャンセル料として受講料を全額ご負担いただくこととなります
 ので、予めご了承下さい。なお、代理出席は可能です。
講  師 山口 雅史 氏 株式会社 チャンス・メイキング・ジャパン 代表取締役
講師紹介 経営コンサル会社における人事コンサルタント、および外資系生命保険会社での人材開発マネジャー(教育研修・採用担当)としての活動を経て独立。現在、一般社団法人ポジティブイノベーションセンター理事として、ポジティブ心理学の介入(組織や個人に対する効果的な活用)手法を開発し提供している。
ご 注 意 お申し込み後に「受講のご案内」をメール致しますのでご確認下さい。
そ の 他 本講座は、11月20日(月)にも開講を予定しています。
申し込み 受講希望の方は、6月15日(木)迄に下記からお申し込みください。
神情協会員:
https://www.kia.or.jp/event/5295/book_form.php  
 
健保加入企業&一般:
健保加入企業は、事業所番号を必ず記入下さい。ご記入がないと一般価格での受講となってしまいます。なお、お申し込みは5月1日より受付いたします。
https://www.kia.or.jp/event/5510/book_form.php  
 
お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本講座の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。