イベント

SEのためのチームビルディング講座 【よりよいチーム作りは、プロジェクトの成功に繋がる】

 下記の通り「SEのためのチームビルディング講座」を開講いたします。
 本講座では、管理職としての立場や役割を認識し、マネジメントの基本である人の管理(部下育成・動機づけ・評価の基本)と仕事の管理方法を学習するとともに、時間感覚の醸成と時間管理スキルを身につけるものです。また、多くのケーススタディで実践力を育成します。是非、社内教育ご活用下さい。
 受講希望の際は、10月10日(火)までに、神情協事務局宛に申し込み下さい。

日  時 10月25日(水) 9時30分〜17時30分
会  場 一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会 会議室
横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル7F TEL 045-316-2244
※横浜駅西口より徒歩7分
https://www.kia.or.jp/association/office.php
対 象 者 1)活性化したチーム作りを目指す管理職の方
2)新たに管理職に任命された方
目  的 1)チーム力を意識したマネジメント意識を持つようになれる。
2)最終的にはヒューマンスキルが強化されるため、職場活性化が促進される。
3)部下がお客様目線で活動できるような指導・監督ができるようになる。
4)世の中の動きや環境の変化にも対応できるチームづくりのコツを修得できる。
内  容 1)オリエンテーション
2)チームマネジメントとは
 ・管理者に求められていること・役割を果たすこと
3)チーム運営の基本について
 ・我々に期待されている役割
 ・我々のミッションの確認
 ・顧客から-上司から-部下・同僚・他部署から
4)問題解決行動のポイント
 ・ケーススタディで考える
5)部下育成のポイントとコミュニケーションのポイント
 ・部下・後輩の成熟度による対応の仕方
 ・コミュニケーションのポイント
6)仕事に対する動機付けとモチベーション
 ・部下・後輩のやる気の醸成を図るキーワードとは
 ・モチベーションアップのポイント
7)目標によるマネジメント
 ・効果的な目標管理と管理者としてなすべきこと
8)評価の機能と要件
 ・評価・評定の原則
 ・評価の機能と要件
9)まとめ
 ・リフレクションシート
 ・アクションプランの作成(事後課題)
10)振り返り
受 講 料 神情協会員  23,000円/名(税込み)
健保加入企業 27,000円/名(税込み)
一般企業   29,500円/名(税込み)
※健保加入企業とは「神奈川県情報サービス産業健康保険組合」に加入されている企業です。
※後日、請求書を発送いたしますので、指定口座にお振込み下さい。
※申し込み締め切り後のキャンセルは、キャンセル料として受講料を全額ご負担いただくこととなります
 ので、予めご了承下さい。なお、代理出席は可能です。
定  員 20名(最少開講人数10名)
講  師 加藤 大介 氏 螢▲ぅ謄奪所属講師
講師紹介 1987年 通信社勤務 
1990年 独立系システム開発会社勤務
1998年 金融系システム開発会社勤務
現在 アイテックIT人材教育研究部講師
元新聞記者のスキルを活かして、ヒアリング方法、要求まとめ方、ドキュメントの作成など、研修のコンテンツには、それが随所に盛り込まれています。また、実際に開発経験者(現在も現役)としての自らの経験値なども含まれており、実践的な指導に定評があります。
更に、ヒューマン系の教育なども経験があるため、「顧客志向」の柱は揺るがない講座の展開が出来る講師です。特にドキュメント系は、派手な見栄えのものでなく、「きちんと相手に伝わる」シンプルな作成テクニックをモットーとしており、若手教育は得意としています。著書に「高度専門 システム開発技術」(アイテック)
ご 注 意 ・万一、受講者が少なく開講できない場合は、お申し込み締め切り日後にメールにてお知らせ致します
 のでご確認下さい。
・開講できる場合は、お申し込み締め切り日後に、「受講のご案内」をメール致します。
・本講座は、9月4日(月)以降に会員外にも公開を予定しております。
申し込み 受講希望の方は、下記アドレスから10月10日(火)迄にお申し込みください。
神情協会員:
https://www.kia.or.jp/event/5396/book_form.php  
 
健保加入企業&一般:
健保加入企業は、事業所番号を必ず記入下さい。ご記入がないと一般価格での受講となってしまいます。なお、お申し込みは9月4日より受付いたします。
https://www.kia.or.jp/event/5566/book_form.php  
 
お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本講座の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。