イベント

会員限定 1第6回教育研修委員会

 下記の通り、第6回教育研修委員会を開催いたしますので、お忙しいとは存じますが、何卒ご出席くださいますようご案内申し上げます。
 今回も、新型コロナウイルス感染防止のため、オンライン(Zoom)開催とし懇親会は中止といたします。また、教育担当管理者セミナーはオンライン(Zoom)で開催いたしますので、是非、あわせてご出席ください。
 つきましては、2月5日(金)までに委員会&セミナーの出欠をご連絡くださいますようお願いいたします。ご出席いただける方には、開催日の1〜2日前にWEB会議への招待メールと当日の資料を送付させて頂きます。

日  時 2月10日(水)
◎委員会 :14時00分〜15時00分
◎セミナー:15時30分〜17時30分
参加方法 原則、下記の通りとさせて頂きますが、緊急事態宣言の発令が予定されておりますので、状況によっては全員Zoomによるオンラインに変更する場合もございます。
◎副会長、委員長、分科会長 → 神情協事務局 会議室
 ※オンライン希望の際は、通信欄にその旨ご記入下さい。
◎メンバー → Zoomによるオンライン
議  題 1)協会報告
2)分科会報告
3)自社の教育について 発表予定:螢▲襯侫 ΕΕА璽屐ー道海気
4)その他
教育セミナー セミナーはZoomを使用してのオンライン開催となります。
【テ ー マ】
 AIで曖昧になる本物と偽物の壁
 〜フェイクニュースに翻弄されたアメリカ大統領選挙とAI〜
【概  要】
 2020年のアメリカ大統領選挙ほど、「フェイクニュース」という言葉が飛び交った選挙戦は近年なかった。
 実際、発展したAI技術によって、ネット上で人々はコンピュータによって作られた「嘘」に翻弄され
 ている。その一方で、同じくAI技術で「人の嘘を見抜く」技術も格段に進歩してきている。
【内  容】
 1)2020年の大統領選挙とフェイクニュース
  ・大統領選でネット上に拡散された「嘘」
  ・トランプの強気の根拠
  ・「嘘」によって分断されるアメリカ社会
  ・「嘘」の背後に蠢くAI技術
 2)「言論」は容易に「創造」される
  ・高精度文章生成ツール「GPT-3」
  ・文章作成は人間の専売特許ではなくなった
  ・AIによってSNSに撒き散らされた「嘘」
 3)DeepFaceとDeepFake
  ・DeepFaceによって作られる「もう一人の自分」
  ・この人のこの発言は本物なのか?
  ・DeepFaceが作り出したDeepFake
  ・絵画を創造する人工知能
 4)嘘を見抜くAI
  ・「嘘」をつくことは高度な知能が必要
  ・人狼ゲームと人工知能
  ・嘘を見抜くAIシステム「DARE」
  ・「メディアの嘘」を見抜く「Fake News Detetion」
  ・AIによって裁判はどう変わっていくのか
 5)ビッグデータ解析とAIで読み解くアメリカ大統領選
  ・AIによる予測が難しい大統領選
  ・仕組みの複雑さが予測を困難にする
  ・ツイートの言説での予測
  ・実は予測されていたトランプの敗北とその根拠
  ・コロナは大統領選にどんな影響を与えたか
 6)Q&A
【講  師】
 亀田 健司 様 シフトシステム株式会社 代表取締役社長
【講師紹介】
 大学院卒業後にソニー木原研究所に入社しペットロボットAIBOや画像関連技術の研究開発に取り込む。
 その後独立しシフトシステム株式会社を設立。人工知能やビッグデータ・IoT関連の技術導入コンサル
 ティング業務を営む。インプレス「1週間でPythonの基礎が学べる本」等の著書がある。
懇 親 会 残念ながら今回も中止といたします。
そ の 他 ◎委員会はZoomを利用してのWEB会議となります。
◎マイク、カメラはなくても問題ありません。チャットで対応が可能です。
◎開催1〜2日前にWEB会議への招待メールと当日の資料を送付させて頂きます。
出欠登録 お手数ですが、委員会&セミナーのご出欠を2月5日(金)までに下記アドレスからご登録ください。
https://www.kia.or.jp/event/6351/book_form.php
 
社内の方がセミナーに参加希望の際は、下記のアドレスからご登録下さい。なお、委員会メンバーはこちらからは登録なさらないようお願い致します。
https://www.kia.or.jp/event/6352/book_form.php
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本委員会の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。