イベント

第15回横浜ITフォーラム2020 「伊勢の老舗『ゑびや』が先端テクノロジー提供企業『EBILAB』を生み出せた背景とデジタル化の歩み」

横浜市交流委員会では、2020年11月12日(木)に、下記のとおり第15回横浜ITフォーラムの開催を企画いたします。横浜ITフォーラムは、市内IT企業を中心にIT企業の経営に役立つ講演会を実施し、參加者のビジネス創生や事業活性化を一助とすることを目的としています。本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、懇親会の中止と会場での参加者の間隔を確保するため、参加者数を大幅に制限した縮小版として開催いたします。
なお、今回の講演会のテーマはWithコロナに対応した経営革新を進めるヒントの一つとして皆様に提案しております。ぜひご聴講ください。
なお、会場での来場参加者定員は大幅に縮小しますが、ZOOMを使用したウェビナー配信を行います。ぜひこちらからのご参加も検討ください。

開催日時 2020年11月12日(木) 15:30〜17:30 (開場15:00)

開催場所 ホテルプラム3階
横浜駅西口より徒歩5分程度 http://www.hotel-plumm.jp/about/access.html

他、ZOOMからのご参加も可能です。
アドレスは開催数日前に配信予定です。

開催内容 1)開催挨拶 15:30〜15:40
・一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会会長 常山 勝彦

2)講演   15:45〜17:30
【テーマ】伊勢の老舗『ゑびや』が先端テクノロジー提供企業『EBILAB』を生み出せた背景とデジタル化の歩み
  〜ユーザー企業自体がドッグフード文化でテクノロジー企業に変遷する時代へ〜
【講演者】常盤木龍治 EBILAB 取締役ファウンダー 最高戦略責任者 最高技術責任者 エバンジェリスト

【EBILABWeb】 
https://ebilab.jp/

【講師紹介】これまで数々のNo.1シェアソフトプロダクトに
携わる軍師/プロダクトデザイナー/パラレルキャリアエバンジェリスト。
2018年6月、サービス産業の課題解決に特化したテクノロジー企業株式会社EBILABを立ち上げる。EBILABの他にも『テクノロジーと人との融和』を目指しパラレルキャリアで沖縄ITイノベーション戦略センター、Startup Lab Lagoon、LiLz、レキサス、クアンド、PCA、パーソナルグループの事業戦略/プロダクト戦略/コミュニティエンゲージメント/エバンジェリスト等として活動中。

参加者定員 来場参加者50名まで  ZOOM参加者100名まで



参加費 無 料

主 催 一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会

共 催 横浜市経済局

後 援 横浜商工会議所・公益財団法人横浜企業経営支援財団(申請中)・横浜ITクラスター交流会

ご案内チラシ 会員外の皆様で本テーマにご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ下記チラシで、本イベントをご紹介いただけましたら幸いです。

https://www.kia.or.jp/shared/images/association/pdf/2020itforum.pdf

お申込み 【来場希望者用申込窓口】
来場希望の際は、11月5日(木)正午までに下記アドレスよりお申し込み下さい。
(神情協会員の方も会員外も方もこちらからお申しこみください。)
※来場希望者多数の場合は、申込締め切り前に参加者募集を締め切る場合がございます。ご了承ください。
https://www.kia.or.jp/event/6484/book_form.php

【ZOOMでの聴講(ウェビナー配信)希望者用申込窓口】
来場希望の際は、11月9日(月)正午までに下記アドレスよりお申し込み下さい。
(神情協会員の方も会員外も方もこちらからお申しこみください。)
https://www.kia.or.jp/event/6563/book_form.php

※ウェビナー配信希望の方が100名に満ちた段階で参加者の募集を締め切りますので、ご了承ください。
※お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、本イベントの参加者の把握にのみ使用させていただきます。