教育研修講座

一般OK WEB研修提案型技術者になるためのビジネススキルシリーズ講座 【プロジェクト推進の要諦】

 下記の通り「提案型技術者になるためのビジネススキルシリーズ講座【プロジェクト推進の要諦】」の受講者を募集します。
 今後、競争がますます激化していくIT業界において、より付加価値の高い技術者になっていくためにも、プロジェクトマネジメントの強化が重要になってきています。
 本講座では、プロジェクト推進時の考え方、工夫などについて、実践的な演習にて、学んでいきます。その中で、ご自身では、何ができて、何ができていないのかを認識を深めます。是非、社内教育にご活用下さい。
 受講をご希望の方は4月30日(金)までに、神情協事務局宛にお申込み下さい。

分  類 その他
レ ベ ル 初級
日  時 5月17日(月) 14時00分〜17時00分
受講方法 Microsoft TeamsによるWEB研修となります。
対 象 者 1)時代に則した、提案型の技術者になりたい方
2)クライアント視点にたったプロジェクト推進時のコツを把握した方
3)プロジェクトマネジメント力を強化したい方
目  的 プロジェクト推進力の強化
内  容 1)プロジェクトとは
2)プロジェクト推進を高めるのに重要なこと
3)プロジェクト推進を強化するための演習(個人ワーク、発表など)
4)まとめ
受 講 料 神情協会員  19,000円/名(税込み)
健保加入企業 22,000円/名(税込み)
一般企業   25,000円/名(税込み)
※健保加入企業とは「神奈川県情報サービス産業健康保険組合」に加入されている企業です。
※後日、請求書を発送いたしますので、指定口座にお振込み下さい。
※申し込み締め切り後のキャンセルは、キャンセル料として受講料を全額ご負担いただくこととなりますので、
 予めご了承下さい。なお、代理出席は可能です。
※本講座は「KIA-eチケット」の対象です。
定  員 20名(最少開講人数4名)
講  師 木村 岳洋 氏
螢妊献織襯侫ルン HYBRIDE Consulting 事業部長
講師紹介 2002年 IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社入社
2005年 株式会社デジタルフォルン(旧大洋システムテクノロジー)入社
コンサルタントとして、製薬、広告、電力、製造、Sier、住宅メーカーなどの様々な業種のクライアントの業務改善やデータ分析案件を従事
ABC/ABMによる業務効率化(コスト削減)、営業強化、マーケティング分析、新規製品開発、人材教育などの改革を実施
ご 注 意 ・万一、受講者が少なく開講できない場合は、お申し込み締め切り日後にメールにてお知らせ致しますので
 ご確認下さい。
・開講できる場合は、お申し込み締め切り日後に、「受講のご案内」をメール致します。
事前準備 本講座は、Microsoft Teamsを利用した講座となります。各企業様またはご自宅からパソコンでの受講となりますので、通信環境のご用意や通信料などはご負担頂く必要がございます。予めご了承ください。
なお、下記の環境がご用意できない場合は、一度、事務局までご相談ください。
【使用ツール】
 ・Microsoft Teamsを利用いたします。
 ・事前に最新のMicrosoft Teamsクライアントアプリ又はMicrosoft Teamsが利用可能なブラウザをインス
  トールしておいてください。
【環境】
 ・安定した受講環境を確保するために、パソコン(スマートフォンやタブレットではなく)で受講してください。
 ・安定した通信容量のネット環境でのご受講をお願します。Wi-fi環境よりは有線環境を推奨します。
 ・Wi-Fiの場合は、できるだけ通信環境の良い場所でご受講ください。
【パソコン】
 ・カメラ、マイク、スピーカー付きのものを一人一台ご用意ください。なお、カメラがなくても受講いただける
  講座も一部ございますが、原則、ご用意くださいますようお願いいたします。
 ・Windows 10、Windows 8または8.1、MacOS 10.9 以降を搭載のMac OS X
【モバイルデバイス】
 ・推奨いたしません
そ の 他 本講座は、10月14日(木)にも開講を予定しております。
申し込み 受講希望の際は、4月30日(金)までに下記のアドレスからご登録ください。
https://www.kia.or.jp/event/6595/book_form.php
 
★神情協会員の方は、登録画面の「申込内容」欄の記入は不要です。
★神情協会員外の方は、「申込内容」欄の記載をお願いします。
  ・神奈川県情報サービス産業健康保険組合の加入の有無
  ・会社住所、会社電話番号
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本講座の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。