イベント

会員限定 『電子署名の基礎と必要性』セミナー 〜 法令改正によって企業に求められる書面の電子化 〜

デジタル改革関連法の施行などによって書面の電子化が推進されています。
企業経営委員会ではこれに伴うセミナーを開催いたします。
電子帳簿保存法の改正や今後施行されるインボイス制度など企業に求められる書面の電子化にあたって、電子署名の基礎、電子印鑑との違い、電子署名の法的効力などについて解説します。
参加ご希望の際は、締め切りを延長しましたので1月28日(金)までにお申込みください。

日 時 2022年2月1日(火) 16時30分〜17時30分
会 場 オンライン(ウェビナー)と事務局会議室
※会議室参加は人数制限があります。
※別途、参加者には詳細を送信します。
テーマ 電子署名の基礎と必要性
内容 ●電子署名の基礎
●電子契約における印紙税の取り扱いはどうなるのか?
●電子印鑑など種類の違い
●電子契約(電子署名)の方法
 ・事業者署名型(指図型・立会人型):電子契約サービス事業者の電子証明書を用いて署名
 ・当事者署名型リモート署名:各利用者の電子証明書を用いてクラウドやサーバーなどで署名
 ・当事者署名型ローカル署名:各利用者の電子証明書を用いてパソコン(ローカル)で署名
●当事者署名型で署名した場合の課題(AATL未対応だと署名検証できない)
 ・真実性、完全性を担保するために必要なAATL対応した電子証明書による署名の必要性
●電子署名、タイムスタンプ付与による法的効力とは?
●電子文書に関する法令(電子署名法、電子帳簿保存法)とは?
●デジタル改革関連法など押印廃止、書面の電子化に関係する法令とは?
●改正電子帳簿保存法とインボイス制度とは?
講 師 サイバートラスト株式会社
マーケティング本部 プロダクトマーケティング部
田上 利博 (Toshihiro Tagami)氏
対象者 経営者、管理者、経理部担当者
参加費 無料
お申込み 1月28日(金)までに下記のお申込みフォームからご登録ください。
お申込みフォーム https://www.kia.or.jp/event/6878/book_form.php
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本委員会等の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。