イベント

会員限定 WEB開催女性活躍ダイバーシティ委員会勉強会【LGBTQについて】

 ダイバーシティに取り組む企業が増え、多様な価値観を尊重する意識が高まっています。中でもLGBTQなどの性的マイノリティに対しては、同性パートナーシップ証明制度や、「不当な」差別はあってはならないという基本理念のもと、事業者等に性的指向や性自認(SOGI)の多様性に関する「理解の増進」のための施策 を求める SOGI理解増進法(正式名称:性的指向及びジェンダーアイデンティティの多様性に関する国民の理解の増進に関する法律)が今年6月23日に施行されたことをきっかけに、急速にSOGI/LGBTQ施策を進める企業が増えてきました。
 女性活躍ダイバーシティ委員会では、LGBTQへの取組みの一助となりますように、昨年度に続き、下記の通りLGBTQについての勉強会を開催することにいたしました。LGBTQ への理解を深め、共に活きる方法を学ぶ良い機会になるかと存じますので、是非、ご興味のある企業様はご参加くださいますようご案内申し上げます。
 なお、今回の勉強会では、活発な意見交換や質疑応答を行い、限られた時間を実り多いものとするために、事前に質問や意見を募集しゲスト講師に連携したいと考えておりますので、お申し込みの際は、是非ご記入いただきたくお願い申し上げます。
特に、以前のLGBTQ関連の勉強会に参加いただいた方は、その後の取組みの中で生まれた困りごとや疑問点等がございましたら積極的にご記入ください。
 参加希望の際は、12月4日(月)までに、末尾のアドレスからお申し込みください。多数のご参加をお待ちしております!

日  時 12月12日(火) 16時00分〜17時30分
参加方法 Zoomによるオンライン
テ ー マ LGBTQについて
目  的 LGBTQへの理解を深め、共に活きる方法を学びます。
内  容 1) Introduction
2)LGBTQとは(おさらい)
 ・性のグラデーション
 ・LGBTQ「+」
3)社内施策~施策の取り入れ方
 ・施策例 : 螢▲ぅ優奪藩佑虜廼瓩亮茲蠢箸
4)ゲスト講師によるトーク
 企業側の人事・ダイバーシティ推進担当者として、具体的にどのような整備(ハード面や規則等)を行えば良いの
 か?カミングアウトを受けた際、どのような対応をすれば大事な仲間の力になれるのか?等について、先駆者で
 ある講師から学びます。
5)質疑応答
※プログラムは都合により変更になる場合がありますので予めご了承ください。
講  師 猪俣 聖子 氏 株式会社アイネット 人事部/ダイバーシティ推進室 主任
西山  朗 氏 一般社団法人LGBT法連合会 事務局長代理 (ゲスト講師)
ゲスト講師紹介 神戸大学大学院国際協力研究科修士課程修了。(一社)LGBT法連合会では民間企業や行政機関、教育機関などに対する性的指向や性自認等に関する講演や研修、執筆、海外との渉外業務等に従事。
(一社)LGBT法連合会とは 正式名称は、一般社団法人 性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会。
https://lgbtetc.jp/
 
性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備を進めるために、政策提言・企業や行政機関等への各種コンサルティング・調査研究事業などを行なっている全国連合会です。LGBTQ関連のニュースではよくマスコミに登場し、情報発信を行っています。また、下記のように東京都等の自治体とも強い繋がりがあります。
https://pbs.twimg.com/media/F91A3ZnawAAdjov?format=jpg&name=medium
参 加 費 無料
そ の 他 ◎開催日の1〜2日前に、Zoom招待URL・ID/PWをメールします。万一、届かない場合は、事務局までご一報ください。
◎Zoomの録画は禁止とさせていただきますので、予めご了承ください。
申し込み 参加希望の際は、12月4日(月)までに下記のアドレスからお申込みください。
事前に質問や意見を募集しゲスト講師に連携したいと考えておりますので、お申し込みの際は、是非、質問等をご記入いただきたくお願い申し上げます。特に、以前のLGBTQ関連の勉強会に参加いただいた方は、その後の取組みの中で生まれた困りごとや疑問点等がございましたら積極的にご記入ください。
https://www.kia.or.jp/event/7517/book_form.php
 
女性活躍ダイバーシティ委員会のメンバーは、上記アドレスからはお申し込みしないでください。別途、委員会開催のご案内を発信いたしますので、そちらからお申しみくださいますようお願いいたします。
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本勉強会の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。