委員会活動報告

広報委員会委員長:福井二郎

 広報委員会には、大きくふたつの担いがあります。年に3 回(3 月・7 月・11 月)発行している会報誌“KIA WAVE"の取材・制作が大きな業務です。この会報誌は2017 年3 月号で100 回目の発行となり、神情協の歴史とともに歩んできた会報誌といえます。
 もうひとつは、当協会のWeb サイトの運営管理です。事務局とWeb 制作を委託している企業の方々にお任せしている部分が多くありますが、方向性やコンテンツの精査などは委員会で検討し決めています。
 会報誌“KIA WAVE"は、記録保存用の要素をもっていますが、Web はこれから行う事業などのお知らせを中心に、協会の玄関口ともいえる広報媒体で会員各社はもちろん、一般の企業や学生など外部への情報発信も重要な目的としています。
 また、会員拡大につなげる対外情報発信や、リクルーティングにつながる採用面での協会訴求なども今後の課題として検討しています。


委員会のスケジュールと委員会開催

 2カ月に1回のペースでの委員会活動(現在は2月・4月・8月・10月(宿泊)・12月)、年1回の宿泊研修(10月を予定・ゴルフも含む)、年3回のKIA WAVEに掲載する企業訪問などの取材活動(随時)

会報誌「KIA WAVE」


委員会の抱負と参加するメリット

・継続的な会員向けの広報、プレゼンス向上のための外部への広報の両面で訴求してまいります。そのためにも、各委員会と連携し交流を図りながら、委員会活動のマスコミへのリリースなどの情報発信を積極的に進めます。

・会員企業の経営者、広報担当者、渉外担当者など、幅広い立場の委員で構成される委員会です。委員会への参加を通じて各社のプレゼンス向上の施策のヒントがあると思われます。



月度情報誌「たいまつ」

神情協ホームページ