委員会活動報告

SE講座特別委員会委員長:常山勝彦

SE講座授業風景

SE講座講師認定書授与式

SE講座とは

IT業界で働く講師が学生に対し、IT業界の現状や動向さらにはSEの仕事について自らの経験に基き、講義をすることで業界の魅力を伝えIT業界への進路選択の一助となるように、当協会独自で実施しているものです。

1)対象
受講生は理系・文系を問わず、受講者数も40名〜200名と大学のニーズに応じ柔軟に対応しております。

2)教材
協会で編纂した手引書(SEハンドブック)を基礎に、担当講師が独自に作成したテキスト(パワーポイント)で、座学で講義を行なう。

3)特徴
協会の独自講座として、毎回異なる講師が1コマずつ担当し、講師自身の経験や実績を踏まえて講義を行なう。

4)講義構成
(1)技術講義:システム開発の工程を10のプロセスに分け開発現場の視点で解説。
(2)業界の話し:業界の“今“を講師の体験談を交え仕事の達成感や夢を語る。
(3)会社紹介:企業を見る目、視点を解説。

SE講座講師認定審査会

SE講座の講師は、協会会員企業の中から推薦を頂き、SE講座講師認定審査会委員の面接を受けて、合格認定された講師のみ「SE講座講師」として活動して頂く、講師認定制度を取っております。

特別委員会

SE講座特別委員会は、産学連携委員会と共同でSE講座実施大学との情報交換会開催、およびSE講座講師間の情報交換を行ない、SE講座の企画・実施および運営全般を統括しております。

SE講座の推移と現状

SE講座は、2004年に産業能率大学様から開始され、以後10年に亘り、毎年必ず1校〜2校ずつ増加し現在では13大学にSE講座が開設され年間180コマの講座を実施しております。 SE講座講師の陣容も当初の十数名から現在では60余名と大変多くの会員企業様から認定講師としてご協力を頂いており、神情協の社会貢献事業の大きな柱となっております。