IT業界ってどんなところ?

情報の「伝え方」を考える仕事!

たとえば一通のメールを友人に送る場合、通信回線、プロバイダ、メールソフト、そして携帯電話やパソコンなどのハードウェアに至るまで、IT企業が提供するさまざまなサービスを経てメールが送受信されています。 これらの情報サービスを提供する企業を総称して「IT業界」と呼びます。

ITとは「Information Technology」の略。「IT=パソコン」「IT=インターネット」といった概念だけでなく、コンピュータやネットワークなどいろいろなIT機器を使うテクノロジーを活用して、情報(インフォメーション)をどう円滑に、効率よく使って伝えていくことができるかを考え、便利なサービスを提案し、新たな社会を実現させることがIT業界の仕事です。

あらゆる企業の土台をなすIT

たとえば銀行のATMやSuica/PASMOなどのICカードは、街中のどこでも使うことができます。これは「いくら使って、残金はいくら」といった「情報(インフォメーション)」が「ネットワーク(通信)」を介して管理されているからこそ可能になります。 この様に銀行などに情報技術を提供している IT企業もあります。 コンピュータが使われている身の回りのモノの多さを考えれば、ITは世の中のあらゆる企業の「土台(インフラ)」のひとつといえるでしょう。

また、インターネットなどの情報技術を駆使して「新商品を売りたい」「会社の業務を円滑にしたい」といった企業の要望に応え、使い易いシステムを新たに提供することも、IT企業に課せられた大きな使命です。

コミュニケーション重視の「ICT」時代へ

インターネット時代の到来とともに浸透してきたITですが、最近では同じような意味合いで「ICT」と呼ばれることも多くなってきました。「ICT」とは「Information and Communication Technology」のこと、「コミュニケーション」という意味が加わっています。

新聞やテレビなど、これまでの情報は一方的に流すことが主でした。しかし最近では消費者がインターネットに繋がり、双方向のコミュニケーションが出来るようになり、消費者の意見をつぶさにくみ上げ、その情報を活かして次の時代に向けた新しいサービスを開発することも多くなってきました。 消費者とコミュニケーションをいかに取っていくか、その方法や仕組みを提案して新たなサービスを提供することも、IT業界には強く求められています。