SEってどんな仕事?

世の中に役立つ「システム」を創る!

「SE」とはシステムエンジニアの略。コンピュータシステムの設計・開発を行なったり、システム開発をプロジェクト管理する技術者などを指しますが、なかなかピンと来ない人もいるのでは?

現在は生活のあらゆる場面において、コンピュータが組み込まれたシステムが使われています。携帯電話やカーナビも、複雑なプログラムが数多く組み合わされたシステムといえます。たとえばコンビニエンスストアのレジ・システムは、お客さんの購入データを一括管理し、そのデータをもとに店舗に必要な商品を即座に補充する仕組みになっています。その他、銀行のATMや駅の自動改札、Webシステムでの買い物などもしかり。世の中のあらゆる場面で社会に役立つ新しいサービスシステムを創り上げること、それがSEの仕事です。

文系でも、知識がなくてもウェルカム!

システムエンジニアという言葉の響きから「理系じゃないとムリ、ムリ」と敬遠する方もいますが、決してそんなことはありません。今やコンピュータは生活の中に入り込んでおり、企業活動にも欠かせません。そのため文系・理系を問わず「生活する人」の目線で物事を捉えられる柔軟な視点が大切になっています。「こうしたら世の中がもっと便利になりそう」と素直に考えることから斬新なアイデアが生まれることが多くあります。

現在、SEとして第一線で活躍している人も、学生時代はコンピュータに縁の無かった文系の人も少なくありません。会社に入り新入社員研修や技術研修を行い、実際の仕事に取り組んでいく中で知識を得ることが出来るので大丈夫です!

「人」と接して、皆で創る醍醐味

一般的に一人前のSEになるためには、入社後システム開発に必要な「プログラマー」として活躍し、技術的なノウハウを学んだ後にSEとなります。 SEは新たなサービスを開発するため、システム全体の設計はもとより、取引先に実際に出向いてお客さんの要望を聞き出したり、プログラマーに具体的な指示をするプロジェクト管理も行っています。

SEと聞くとパソコンの前で黙々と作業するイメージがありますが、実際は人と接してコミュニケーションをとることで進めていく仕事で、多くの人と人の関わりの中から新しいシステムを創り出しています。 そのシステムが人々の暮らしに役立つことで、社会に貢献していることを体感できるところがSEの仕事の醍醐味といえるでしょう。