IT業界用語集

IT(アイティー)

「Information Technology」の略。もともとはコンピュータや携帯電話を使った「情報通信技術」を指す言葉だが、近年はコンピュータに関わる技術全般や、ネットワークやそれを活用した技術・サービスなど、幅広い意味で使われる。

SI(システムインテグレータ)

顧客のもつニーズの実現や問題の解決を行う情報システムを、提案から設計、開発、運用まですべて一貫して提供する企業のこと。ソフトウェア、ハードウェアの選定なども行う。 メーカー系SI企業は自社製品を主に開発を行い、独立系SI企業は自社製品を持たず、複数企業の製品を用いる。

ソフトハウス(ソフトウェアハウス)

ソフトウェアパッケージの開発や、ソフトウェアの受託開発を行う企業のこと。メーカ系・ユーザ系・独立系の3つに分類される。 メーカ系はITメーカーの系列会社であり、親会社の製品を使用した開発を主に行う。ユーザ系は金融や製造会社など、大手企業の系列会社で、親会社のシステム開発を主に行う。独立系は親会社を持たずに開発を行う。

営業

IT業界での営業は主に「ソリューション提案営業」を意味し、経営の視点から業務の様々な課題を洗い出し、それを改善していくための提案を行う。 システムの知識はもとより、各業界・業務内容に対する幅広い知識が必要となる。

システムアナリスト(システムコンサルタント)

システム開発における最初の工程を担当するエンジニア。 システムの受注前に営業に同行し、企業の課題や要望を分析し、最適なシステム提案を行う。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトの企画・提案、プロジェクトメンバーの指名、要件定義などを統括し、社内調整、顧客折衝、受注、品質管理、進捗管理、コスト管理、リスク管理などを行うプロジェクトの運営責任者。

プロジェクトリーダー

1プロジェクト内に業務単位などで複数のチームが存在する場合、そのチームをまとめる人をプロジェクトリーダーと呼ぶ。 チームの進捗・品質管理やメンバーの工数管理などを行う。

ネットワークエンジニア

企業内のLAN通信システムの構築・保守管理や、会社内外のコンピュータネットワークによる通信を行う仕事。 ネットワークシステムの設計から、ネットワークの専用機器(スイッチやルータなど)をコンピュータへの接続、不正アクセスへの対策など多岐にわたる。

カスタマーエンジニア

コンピュータのハードウェア、ファームウェア、オペレーティングシステムなどを保守点検する仕事。

主に、設置作業のような、導入時の作業と、導入後の保守作業(障害監視、予防保守、障害対応)などがある。また、顧客と頻繁に接することも多いためコミュニケーションスキルも必要となる。

システムエンジニア(SE)

要件定義、仕様書、設計書を作成し、プログラマが作成したプログラムの正当性を評価する。 顧客と打ち合わせる機会も多く、プログラミング知識だけでなく、コンサルティング的な要素も含まれる。

プログラマ(PG)

システムエンジニア(SE)が作成したシステム仕様書に基づいて、開発向けに落としこんだ設計書を作成し、C言語やJavaといったプログラム言語を使ってコーディング(記述)、テストしていく仕事。

オープン系システム

ハードウェア・ミドルウェア・開発言語などを自由に組み合わせ構築するシステムのこと。対義語として汎用系システム(専用機・専用言語での開発手法)がある。

組込み系システム

電子機器、家電製品、自動車などの製品に合わせたソフトウェアの開発をおこなう。 マイクロコンピュータ用のハードウェア、ソフトウェアが組み込まれ、ユーザの操作に関連しない部分を制御する。

制御系システム

組み込み系と同様に製品を制御するためのシステム。ユーザの操作に関連する部分をコントロールする。

ミドルウェア

オープン系システム構築の際に、OSと各種システム固有の処理を行うアプリケーションとの間に入り、処理要求の伝達や手続きをシステム化するもの。

OSS(オープンソースソフトウェア)

一般的に有償で販売されるソフトウェアのソースコードを公開(オープン)しているため、誰でも無償で自由に使用、複製、再配布、自ら開発したプログラムへの組み込みなどを行なうことができる。 これによりシステム構築の自由度があがり、コストを抑えた開発が可能となる。

クライアント/サーバ(C/S)システム

コンピュータをサーバとクライアントに役割分担をして運用する仕組みで、分散型コンピュータシステムの一つ。 クライアント側にソフトをインストールさせることにより、負荷が分散される。細かい仕様の要件にも対応することが出来る。

Webシステム

クラサバと違い、クライアント端末にソフトをインストールしないことが特徴。InternetExploreやGoogleChromeなどのブラウザを使用してシステムを利用する。

C言語

コンピュータを動かすプログラミング言語の一つ、人が使う言葉に近い表現が出来、ハードウェアの操作が容易で、色々なプラットフォーム(ハードウェアやOS)に移植し易いことから、広く普及している言語。後に出来たC++やJavaなどに影響を与えている。

C++(シープラプラ)

C言語を、オブジェクト指向的に拡張した言語。C言語より表現力と効率性が向上している。

Java(ジャバ)

ネットワーク環境で利用されることを前提に作られた言語で、ネットワークやセキュリティ関連の様々な機能が標準で搭載されている。プラットフォーム(ハードウェアやOS)に依存しないソフトやシステムを開発することができ、オブジェクト指向に基づいている。