イベントアルバム

11月20日 外国人従業員による座談会

日本で働く外国人の数は年々増加し、グローバル化やダイバーシティの取り組みにより、外国人雇用を積極的に進める会員企業も増えてきていることから、今回、女性活躍ダイバーシティ委員会では、外国人従業員による座談会を企画いたしました。

当日は、会員企業で働く中国、韓国、マレーシア、インドネシア、ネパール出身の外国人従業員12名にご参加いただき、3グループに分かれて「理解されづらい(わかってもらえない)悩み」「理想の職場環境」を主テーマに自由に話し合ってもらいました。
最初こそ固い雰囲気ではあったものの、同じ悩みなどを共感するごとに話は盛り上がり、笑い声もあがるようになりました。

話し合いののち、企業の担当者15名程度の方々にもご参加いただき、グループのリーダーが模造紙にまとめたものを流暢な日本語で発表しました。
食べ物や宗教に関する悩み、就職活動、住宅事情、保険や年金のしくみや行政での手続きの難解さ、人事査定や働くモチベーションへの不安など様々な内容が発表され、企業の担当者の方々も深く頷いていました。
また当日は、横浜市と川崎市の外国人雇用に関する部署の方にもご参加頂いており、大変参考になったと話されていました。

発表会終了後は、座談会参加者と企業担当者とで交流会を行いました。座談会参加者同士でLINEの交換をするなど、同じ業界で働く外国人従業員同士のコミュニティ形成のきっかけになったと思われます。
来年度以降の継続を望む声もあり、今後、委員会内で検討して参ります。

なお、当日の話し合いの内容をまとめております。是非、ご参照ください。 報告書