イベントアルバム

12月07日 第3回労働福利セミナー

「働き方改革の真の目的とは~考え方を変えるだけで、ピンチをチャンスに変えられる!」

をテーマに、これまで7,500社以上の企業との経営相談に応じた実績を持つ社会保険労務士法人ブレイン・サプライ代表取締役 岡 弘己氏よりご講演をいただいた。来年4月1日より施行される改正労働法で特に気を付けるところは、年5日の有給休暇の取得義務化である。これは罰則規定があり30万円/1人となっているため十分留意する必要がある。一方で働き方改革により企業の活性化を図っていくこと自体は良い事である。働き方改革の真の目的は、生産性を上げることにあり長時間労働の是正だけを気にしていては生き残れない。社員は社長の夢の実現のために働いているありがたい存在であり、目標を共有し共存共栄を図っていくことが大切である。昨今は世代間のギャップが大きくまたパワハラ等ハラスメントもあり、適切な指導を行い、社員を褒めることにより気持ちよく働いてもらい、結果として生産性を向上させていく時代となってきている。今後働き手不足は多くの企業で避けて通れない問題となり、女性の活用・高齢者の継続雇用等はもちろん、採用した人が辞めないようにすることも大事になってくる。そのため就業規則等も時代に対応したものへ見直し、不備があれば適時修正していくことが企業を労務リスクから守るために重要である。時期に合ったセミナーでありとても参考になった。

オオイテクノ株式会社 舟山 修一