イベントアルバム

09月04日 ものづくり×ICT連携フォーラムinかわさき

川崎市工業団体連合会(工団連)との合同主催(川崎市・公益財団法人川崎市産業振興財団の共催)で開催している本フォーラムも今回で4回目となり、参加者数も昨年同様120名程度集まり盛会に行われた。

第一部では「成果事例報告~ICT連携・IoT活用で生産性向上を図る~」と題したパネルディスカッションを行い、工団連会員企業とICT企業との連携事例報告や神情協会員企業である(株)ゼロワンにおける製造業向けの展開事例報告や、農業分野におけるIoT活用事例報告など連携して行く事で出来る事、また、異分野だからこその難しさなど多岐に渡り活発な議論が行われた。中でも、昨年度川崎市生産性向上・働き方改革のモデル事業に採択された(株)KMCの金型管理のクラウド化による生産性向上モデルは多くの中小製造業で問題となっている金型管理の解決策に繋がるのではと多くの期待が寄せられていた。

第二部では、昨年好評だったICT企業(神情協会員)とものづくり企業(工団連会員)による「ニーズ・シーズプレゼン」が行われ、ものづくり企業側から「ICT企業はもっと中小製造業の現場を知るべき」との厳しい指摘も有ったが、こういった耳の痛い話こそ真のニーズを伺える貴重な機会であると多くのICT企業から「良かった」との声が上がった。

フォーラム終了後の懇親会でも神情協会員と工団連会員との活発な交流が行われ、今後更なる連携促進に繋がる事を期待したいと思う。

川崎市交流委員会副委員長 ㈱アルファメディア 代表取締役 小湊 宏之 氏