イベントアルバム

02月05日 企業経営・労働福利共催セミナー

 昨年の年明けから広がり始めた新型コロナウィルスによって緊急事態宣言が発出され、各企業がテレワークを導入し始めました。そういう中2011年からテレワークを開始し、2016年にはオフィスへの出社を撤廃し、それ以降は全員がテレワークを実践している会社があります。
今回のセミナーは、その会社「SonicGarden」の倉貫社長をお招きして、各企業が取り組み始めたテレワークの課題とともに会社経営のユニークさをお話し頂きました。
「オフィス無し」、「営業職無し」、「評価無し」、「管理無し」の具体的な考え方・働き方の紹介と、テレワークは単に自宅での作業ではなくツールを使えば出社や会議があたかもオフィスにいる時と変わらないように行える具体例も紹介して頂きました。また「ザッソウ」と表現されていた雑談がなければ相談は出来ないという考え方は、ツールを使ってテレワークは孤独の作業ではなくチームワークでもできることを実現されていました。
 テレワークの課題解消と会社経営に大いに参考になったセミナーでした。
今回のセミナー開催は企業経営委員会と労働福利委員会の共催で行われました。尽力いただいた若手経営研究会の高橋様と江部様、労働福利委員会の大指様及び事務局へ感謝いたします。ありがとうございました。

株式会社システムハウス.アイエヌジー 井手 興一