イベント

ITプロジェクトマネジメント(基礎編)講座

 下記のとおり「ITプロジェクトマネジメント(基礎編)講座」を開講いたします。
 本講座は、プロジェクトマネジメントを体系的に学び、ITプロジェクトマネジメントに必要な基礎技術と管理技法を習得するとともに、プロジェクトマネジメントのハードスキル(品質、コスト、納期)とソフトスキル(人的資源、コミュニケーション、リスク、調達)の両方を習得するものです。是非、社内教育ご活用下さい。
 受講希望の際は、5月11日(木)までに、神情協事務局宛に申し込みください。

日  時 5月26日(金) 9時30分〜17時30分(予定)
※実習の進行状況によっては、終了時間が遅くなる場合もあります。予めご了承下さい。
会  場 一般社団法人 神奈川県情報サービス産業協会 会議室
横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル7F TEL 045-316-2244
※横浜駅西口より徒歩7分程度
https://www.kia.or.jp/association/office.php
対 象 者 プロジェクト・マネジャー、リーダーまたはそれを目指す方
目  的 1)ITプロジェクトマネジメントの特徴と必要スキル、失敗の原因を理解する。さらに、プロジェクト・
 ライフサイクルに従ったマネジメント・プロセス(立上げ、計画、実行、監視・コントロール、終結)
 とITプロジェクトにおける考慮点を理解する。
2)プロジェクトマネジメントを体系的に学び、ITプロジェクトマネジメントに必要な基礎 技術とPMBOK
 ガイド準拠のマネジメント技法を習得する。これにより、プロジェクトマネジメント感覚を身に付ける。
内  容 1)ITプロジェクトマネジメントの特徴と必要スキル
2)プロジェクト失敗の原因
3)プロジェクトマネジメントの知識体系
4)プロジェクトの立上げ
5)プロジェクトの計画
6)プロジェクトの実行
7)プロジェクトの監視・コントロール
8)プロジェクトの終結
9)演習
受 講 料 神情協会員  23,000円/名(税込み)
健保加入企業 27,000円/名(税込み)
一般企業   29,500円/名(税込み)
※健保加入企業とは「神奈川県情報サービス産業健康保険組合」に加入されている企業です。
※後日、請求書を発送いたしますので、指定口座にお振込み下さい。
※申し込み締め切り後のキャンセルは、キャンセル料として受講料を全額ご負担いただくこととなります
 ので、予めご了承下さい。なお、代理出席は可能です。
定  員 20名(最小開講人数8名)
講  師 佐藤 義男 氏 螢圈璽┘燹Ε▲薀ぅ鵐瓮鵐搬緝充萃役社長、PMI認定PMP
講師紹介 石川島播磨重工業(現IHI)にて、CIM(コンピュータ統合生産)アプリケーション、原子力発電所検査データ収集・処理システム、AI(人工知能)応用システムなどの開発経験16年。日本ディジタルイクイップメントにて、プロジェクトマネジメント実践経験を活かして、新規顧客向けSIビジネスのプロジェクト・マネジャーとして指揮・監督を行う。
現在、螢圈璽┘燹Ε▲薀ぅ鵐瓮鵐箸鮴瀘し、企業向けにPMコンサルティング・サービス(PM教育、PMO業務支援、アセスメント支援)を提供。
2013年10月に「PMI年間最優秀教育プロバイダー」として表彰された(日本初)。
日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)副理事長、PMI会員
【著書】
 改訂新版 PMBOKによるITプロジェクトマネジメント実践法(ソフト・リサーチ・センター社)
【共著】
 IT分野のためのP2Mプロジェクト&プログラムマネジメントハンドブック
 (日本能率協会マネジメントセンター)
 思いやり型リーダーシップ(サイバー出版センター)
ご 注 意 ・万一、受講者が少なく開講できない場合は、お申し込み締め切り日後にメールにてお知らせ致しますので
 ご確認下さい。
・開講できる場合は、お申し込み締め切り日後に、「受講のご案内」をメール致します。
・本講座は、4月3日(月)以降に会員外にも公開を予定しております。
そ の 他 受講者には、PMP受験資格条件である「PM教育受講証明書」が発行されます。
申し込み 受講希望の方は、5月11日(木)迄に下記からお申し込みください。
神情協会員:
https://www.kia.or.jp/event/5273/book_form.php  
 
健保加入企業&一般:
健保加入企業は、事業所番号を必ず記入下さい。ご記入がないと一般価格での受講となってしまいます。なお、お申し込みは4月3日より受付いたします。
https://www.kia.or.jp/event/5499/book_form.php  
 
お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本講座の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。